交通事故の被害に遭った際は、なるべく損害を減らすために多くの慰謝料を受け取りましょう。慰謝料を受け取るためには、当然加害者と話し合いをする必要がありますが、相手側もなるべく慰謝料を減らすために保険会社の担当員が示談交渉を行おうと交渉を行います。その際安易に交渉に応じてしまうと、必要最低限の示談金を受け取るだけで終わってしまい、入院費や後遺障害などの補填を一切行えなくなってしまいます。

慰謝料を増額するためには、弁護士にどれだけ慰謝料をもらえるか調べてもらう必要があります。交通事故のトラブルに強い弁護士は、過去の事故のケースや、現在依頼主が置かれている状況を調査して、どれだけの慰謝料を受け取れるか調べます。その上でさらに慰謝料を増やせる要因があれば、どんどんそれを元に慰謝料を増加して、相手の保険会社に請求します。100%理想とした慰謝料が受け取れるわけではありませんが、交渉の流れ次第では、本来想定されているよりも多くの慰謝料を受け取れるかもしれません。

当然相場以上に慰謝料を受け取れるのが理想的ではありますが、こちら側に非があると思われる要素があるなど、条件次第では交渉がうまく進まないこともあります。その場合は訴訟を行うことも出来ますが、その場合弁護士に支払う金額は増加しますし、判決が出るまでに時間もかかるので、訴訟を起こすかどうかは慎重に考え、目標に示談を成立させることを目標としたほうが良いでしょう。